全国蒲鉾組合資源委員会

社長
日本のかまぼこ屋さんで組織する全国蒲鉾組合の資源委員会に所属してます。資源委員会が21日に全蒲ビルで開催され参加して参りました。かまぼこの原料であるお魚の資源状況を、アメリカのメーカーや日本のディラーから説明を受けました。限りある水産資源を枯渇させない為に、北米産の助宗たらは、毎年学者による資源調査を行い、とっても良い漁獲枠を設定します。漁は一年に二回あり、今年の前半の漁の値決めがまさに今なんです。

助宗たらのすり身は、尾崎かまぼこの主原料であり、すり身価格は経営内容に直結する非常に重要な事であり、毎年二回の値決めは、お祈りでもしたくなる程です。今年のすり身は、値段が上がりました。しかし、その中でも品質を落とさずに美味しいかまぼこを作っていきたいと考えておりますので是非、尾崎のかまぼこをご贔屓賜れます事をお願い申し上げます。

東京からの帰りに靖国神社に参拝してまいりました。併設する記念館で、特攻隊の方が書いた遺書を読んでいる若い女性が、泣いていたのが印象的でした。

社長

カテゴリー: スタッフブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。